MENU

技能実習制度の目的・趣旨

技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識(以下「技能等」という。)の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。

労働力の需給

制度の目的・趣旨は1993年に技能実習制度が創設されて以来終始一貫している考え方であり、技能実習法には、基本理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法第3条第2項)と記されています。

技能実習期間は最長5年

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます.

一般財団法人 国際外国人労働環境支援機構の事業

ILESOでは、JITCO(国際研修協力機構)やOTIT(外国人技能実習機構)が「技能実習制度は、労働力を補うためのものではない」と記していますが、しかしながら、今後は技術を研修・実習する代わりに労働力を提供して頂く(相互扶助)という部分がJITCOや機構とは違い、行政では手の届かない、民間ならではの新たな団体として活動を行います。

Learn more →

外国人技能実習制度の現状と問題点

現状外国人実習制度を管理している監理団体(受入れ団体)すべてが優良団体であるとは言い難いのが現実です。この現状から2019年4月に特定技能新制度が施行されます。より良い外国人労働者の就労環境を整えるべく改善していくべきと当団体は考えます。

Learn more →

私たちのスキーム

人材交流・技術交流・企業との提携 社会の変革に向けて行動する国際ネットワークを構築します。日本における高い農業技術分野を中心に、食の安全と安定供給が可能な新農業技術を中核とし、産学官医の技術提携型もでるによる交流を図ります。グローバルな情報共有とビジネスマッチングのお手伝いをさせていただきます。

Learn more →

一般財団法人 国際外国人労働環境支援機構

私たちは、海外技能実習生制度に基づき海外送り出し機関と日本の受け入れ機関との架け橋になると
同時に技能実習制度と労働力創造の性質をリンクさせ、この制度の活性化に寄与することを目的とし、
日本の経済活性化に大きく貢献できるよう努めます。

PAGE TOP